2010年04月24日

部下なし「一人係長」公務員、2万6634人(読売新聞)

 政府は23日の閣議で、係長などの職制に就いているが正規職員の部下がいない「一人係長」と呼ばれる国家公務員が、全省庁で計2万6634人に上るとする答弁書を決定した。

 自衛官を除く国家公務員約30万人のうち8・8%を占めており、定員削減などによる組織のひずみが明らかになった。

 自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に対して答えた。

 答弁書によると、省庁別では、地方の出先機関を多く抱える国土交通省が8347人と最多で、農水省6924人、厚生労働省3057人、国家公安委員会1773人、経済産業省1597人、防衛省1030人が続いた。

雪の壁にびっくり、立山黒部アルペンルート開通(読売新聞)
9項目の「検討の視点」を了承―規制・制度改革分科会WG(医療介護CBニュース)
朝鮮学校無償化、脱北者らが適用反対(産経新聞)
京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
posted by コグチ キヨハル at 15:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。